専業×兼業 トレーダーの道標

兼業、専業を経験したトレーダーのブログ × 稼ぎ続けるトレーダーになるための「道」を案内します

トレード手法② 窓

1日の5分だけ頂けると幸いです。

 

f:id:fx-grandshrine:20170816172503p:plain

今回も手法。

「チャートパターン」です。

説明し忘れましたが

相場の分析方法には、大きく2つ分けられます。(多分・・・)

テクニカル分析」と「ファンダメンタル分析」です。

 

 

大局(日足~週足~月足)は、ファンダメンタルを重視し

その中で、テクニカル分析を使い

日足以下の相場想定をします。

どちらも必要ってことです。

ファンダメンタルでは、最低

日本、アメリカ、ドイツ(ユーロ)、イギリス

の銀行の施策を把握して置くことをお勧めします。

(必然的に経済詳しくなります。この程度の情報把握して下さいね)

 

さて

チャートパターン

正直本読んでおしまいだと思いますww

 

今回のテーマは週明け「窓」が出来た時の手法

ウップス

について簡単に説明

ラリー・ウィリアムズが考案者です。

 

前日の買いが強いほど

窓の開きが大きいほど、良い相場です。

個人的には、勝率80~90%くらいRR10

たま~~~~にしか出会わないが、良いポジション狙えます。

 

 

f:id:fx-grandshrine:20170816172748g:plain

窓」=ギャップには、4種類あります。

コモン

②ブレイクアウェイ

③ラン・アウェイ

イグゾースション

 

原則①④を狙い、②③は見送ります。

エントリータイミングは、任せます!

 ④の相場に、出会えればラッキーです。

 

窓の幅、上下限から

2倍程値幅を狙います。

 

根本的な、相場認識は動いたエネルギーと、その枯渇を感じ取り

戻しをとる。って言う感じです。

意味わかりませんよね?

トレンドが出る前や、大きく動くときには

停滞期=レンジ

を経由する場合がほとんどです。

それら相場のエネルギーをなんとなく感じ

まだ上昇する余力あるのか?ないのか?

そういった抽象的なエネルギーを感じることが

実は一番大事だったりします。

上手く説明できなくてすみません・・・

 

窓は基本、埋めるもの

相場力学としてみれば

エネルギーが、爆発したので元に戻る。イメージ・・・ww

埋めない窓は、上記②ブレイクアウェイ③ラン・アウェイ

などで、気をつけてください。

アベノミクス相場で、見たことはあります。

 

チャートパターンは、数多くあります。

ペナント、窓、トライアングル(アセンディングとかある・・・)

は、覚えておきましょう。

 

これは、知識なので

本読んで勉強しましょう!!

 でわ!

 

トレードを通じて共に成長しましょう!!